新築注文住宅・木造住宅・在来工法・無垢材・デザイン設計・在来工法はお客様の好きな間取り・外観を可能にする工法です。

注文住宅

木材の適材適所

木材の適材適所
木の素材 適材適所にこだわりシンプルな住宅をご提案しています。そして、木材を大切に使うことを心掛けています。

住宅に使われる木はいろいろな種類があることはご存知だと思います。でもそれがどこに使うのか、どのように使うのか詳しくは知らないと思います。
大工は古来から伝えられてきた木の性質、木の強さ 木の弱さを実際に使用して、解体して実感しているからこそ使うことができるのです。土台に使う木としては、ヒノキ、ヒバ、くりなどありますがどれも水に強い木として知られています。柱はヒノキ、杉、栂など加工がしやすく、比較的粘りのある材料が用いられます。梁、桁、小屋組みなど粘り強く大きく育つ木材から使われます。松、松丸太などです。これらの材料は外材、内地材などいろいろな場所から運ばれて着ます。

当社では地場の木材を使用とか、木材の産地等のこだわりはありませんが、これら材料をいかに無駄なく適所に使うようにしています。
たとえば土台に使用するヒノキでも赤身の強い材木と白身の強い材木があります。赤身の強い材は住宅の部分でも湿気が溜まりやすい場所に使用します。フローリングでも部屋の間取りによっては材料が1尺ぐらい余る場合があります。他所では余った材料は捨ててしまうかも知れません。当社では1尺ぐらいの余った材料は残しておきます。
余ったフローリングは押入の床、物入れの床のどに使用します。昔から大工職人では材木が1尺あれば残して置くようにいわれていました。材料を大切に使うよう心がけています。

新建材

新建材
今日の住宅には、いろいろな素材を使う工法が各社挙って出しています。自然素材に拘っている工務店もたくさんあります。
当社は普通の工務店で特別自然素材とかこだわりはありません。新建材もよく使用します。今日の新建材も接着剤が変わり進歩しました。

たとえばフローリング、ベニヤ、カウンター材住宅各所に新建材が使われています。住宅に使う材木も限りある資源です。特に住宅の化粧材に使う材木は高価で不足しています。その材木を幾層にもスライスして、何層にもスライスした木材を張り合わせていきます。その張り合わせる接着剤にシックハウスになってしまう科学分質が含まれていましたが、今は接着剤が進歩してその分質を使われなくなりました。

ただその他の科学分質が入っていますから、科学分質過敏症の方は気をつけなくてはいけません。ですが、少ない材料で多くの建材を作るのは資源保護にもなります。
新建材だから自然破壊だとは言えないのではないでしょうか。

自然素材

自然素材
自然素材は掃除 メンテナンスが大変だと思います。フローリングは特にです。
最近無垢の床材が自然素材として出てきていますが、無垢の床材は塗装は掛けずワックスだけです。こぼした醤油を拭いても染みが付いてしまいます。
新建材の床板なら一拭きで済みます、染みも付きません。自然素材を使えば毎日掃除ばかりで、傷も付きやすくなります。これは天井壁も同じです。

素材の長所短所を見て臨機応変に対処して、掃除のことも考えてお客様のご意見にお答えできるよう心がけております。
大切な住まいをきれいで丈夫なお住まいに・・。耐震リフォームなら「高島工務店」へ
〒262-0044 千葉県千葉市花見川区長作町379-2
TEL&FAX:043-259-6448