耐震診断・耐震補強・耐震リフォーム・など耐震に関することなら何でもお気軽にご相談ください。丈夫な住まいで家族と安心な暮らしを。

耐震工事

年代でわかるお住まいの耐震強度

年代でわかるお住まいの耐震強度
日本列島はいつどこで地震が起きてもおかしくない火山列島。小さな補強でもお住まいと家族を守る重要なポイントとなります。

1995年の阪神・淡路大震災の後、耐震改修促進法が施工され1981年以前の建物には耐震診断が義務化されました。それをうけて2000年に建築基準法が改正され木造住宅においては
【1】地耐力に応じて基礎を特定し地盤調査が実務上義務化されました。
【2】構造材をその場所に応じて継手・仕口の仕様を特定。
【3】耐力壁の配置にバランス計算が必要となりました。

基礎・壁量も1950年の建築基準法から現在に至るまでずいぶん改正されてきました。

■1950年建築基準法
基礎:基礎についての具体的な記述はなし
壁量:16cm/M2(2階建ての1階部分)

■2000年建築基準法改正
基礎:血耐力に応じた基礎構造が規定
壁量:40cm/M2(2階建ての1階部分)

築年数が長ければ長いほど大地震の際倒壊の恐れがあるのです。

一般耐震診断法の手順

一般耐震診断の手順
当社では、国土交通省住宅局建築指導課の監修の「木造住宅の耐震診断と補強方法」改訂版に準じて耐震診断を行っています。
実際にキッチンの床下収納庫から床下に潜り調査いたします。1階押入の天袋から2階床組みを確認して、2階押入の天袋から2階小屋組みを確認をいたします。
耐震診断は建物の粗探しをしているのとは違います。あくまでも純粋に震度7に対し建物が凶器にならないのかを判定するものです。ですから地震に対し建物が家族を守ってくれるかどうかをお考えください。

■耐震診断  現地調査の流れ

●お客様にお会いする前に建物の外周をみて概要を把握します
              ↓
●訪問 ご挨拶 お客様聞き取り調査
             ↓
●建物外周調査 劣化度を調べます
             ↓
●建物内部調査 部屋ごとに調査壁の材質を調べます
             ↓
●押入れ 物入れの壁の材質を調査
             ↓
●2階押入れの天井から小屋裏の調査
金物の有無  筋交いの確認
             ↓
●1階押入れ天井から2階床組みの調査
金物の有無 床組みの種類 1階筋交いの確認
             ↓
●1階床下収納庫から1階床組 基礎の鉄筋の有無
基礎劣化度 筋交いの確認 土台の劣化度の調査
             ↓
●終了  結果ご報告の日程

後日、結果ご報告訪問(30分ぐらい) 
ご希望により補強のご提案。
地震に対しこれからの備え。

耐震補強工事

耐震補強工事
■万が一に備えていつか来る地震の為に補強工事

当社で、耐震診断の結果に基づいて、耐震診断者が自ら補強工事リフォームを行います。
昭和50年代の建物で予算工事費は100万円前後です。建物の老朽度によって予算が掛かるかも知れませんが、内装リフォームと一緒に考えればお安くなるのではないでしょうか。

■壁の補強

壁の中にある柱と柱の間に斜めに入れた部材を筋交いと言います。この部材は木造住宅にとって一番大切な地震力に対抗できる部材です。この筋交いは古い木造在来工法でも何らかの形で施工されています。
しかし、部材自身の強度や接合方法によって地震に耐える力が変わってきます。しかもこれらの部材の強度をすべて耐震リフォームで改善するのにはコストが掛かりすぎます、耐震リフォームでは部分的耐力壁に内壁に強い面材を設けて地震力に強い壁にします。この施工によって重心位置と剛心位置が一致するようになり、建物のバランスが良くなり倒壊しにくくなります。

■金物による補強

昭和40年代 50年代の在来工法の家では筋交いは釘打ち、柱はカスガイ止めが当たり前でした。昭和60年代筋交いに金物が用いられ、柱には平金物が使われ始め、平成になりますと、木造3階建てができるようになりホールダウン金物が使われはじめました。
耐震リフォームですべての柱、筋交いに金物を設置するのは不可能です。

外付けホールダウン金物の設置。
内壁をはずして壁を補強できるのでしたら、アンカーによるホールダウン金物の設置をお勧めしています。この金物は一階部分の倒壊を防ぐのに有効です。耐震補強のニーズは「命だけは守れればいい」という方から「建物の資産価値そのものまで残したい」という方までさまざまです。皆様の考え方も含めて最良の補強方法を検討しましょう。

■屋根材を軽くする

実は屋根材の変更は耐震性能が顕著に表れてくるリフォームです。その代わりコストが予想以上に掛かってきます。日本瓦からカラーベストやコロニアル ガルバニウム金属屋根などに変えることにより建物に掛かる荷重を軽減することで筋交いの長さが軽減できます。ただし日本瓦とコロニアルと比べてみれば耐久性の問題があります。材料には一長一短があります。

木耐協について

木耐協とは「日本木造住宅耐震補強事業者協同組合」のことです。

全国には土木建築関係だけでも多数の協同組合が存在する中、木造住宅の耐震性向上のための組合です。

主な活動に、耐震診断や補強プラン提案等の普及啓蒙活動・補強技術の研究・開発と普及につとめており、当社でも技術や知識のレベルを向上するため講習会などに参加し、お客様のお住まいにその技術と知識を活かしています。

http://www.mokutaikyo.com/

 

 

大切な住まいをきれいで丈夫なお住まいに・・。耐震リフォームなら「高島工務店」へ
〒262-0044 千葉県千葉市花見川区長作町379-2
TEL&FAX:043-259-6448